新着情報

2020.11.19

【戸建て&マンション】スケルトンリフォームの費用相場っていくら?

リフォームプランを検討されているとき、「スケルトンリフォーム」という言葉を見たことはないでしょうか。あまり聞き慣れない方もおられるかもしれませんが、古民家など古い物件をリフォームして住まう方が多い今、増えているリフォーム方法です。

間取りを大きく変えたい場合や古くなったお住まいを現在の生活スタイルに合わせたリフォームをご検討される場合など、フルリノベーションのようなリフォームを考えられている方は、ぜひスケルトンリフォームについて知っていただきたいです。

 

スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは、骨組みの状態からリフォームをすることをいいます。スケルトンとは、(柱・梁や屋根など)だけを残した骨組みのみの状態のことをのいい、貸店舗などでも床材・壁紙や設備が入っていない状態をリフォーム業者や不動産屋などが業界用語としてスケルトンと呼んでいます。骨組みの状態からリフォームするので、ほぼ新築のような住心地を実現できます。

家がすでにあったところを更地にして新築に建て替えることもできますが、スケルトンリフォームはそれに比べて工期や費用を抑えることができます。法律や地域条件によって建て替えのできない場合にも、スケルトンリフォームはおすすめです。

 

スケルトンリフォームの費用の目安

スケルトンリフォームを実現する場合、戸建てやマンションなどお住まいの種類によって費用が異なります。あくまで目安ではありますが、リフォームを検討中でしたら事前にチェックしておくと安心です。

 

一戸建ての場合

広さやリフォーム内容によって解体費用・リフォーム費用が異なりますので参考値ですが、建築面積が30坪(約50畳)の大きさでは、約1,200〜1,700万円ほどの金額になります。

建物の劣化が激しい場合や屋根など躯体部分にリフォームが及ぶ場合、費用は更に高くなります。リフォーム会社のスタッフと話し合って、ご予算と見合わせてリフォームプランをお考えいただくことをおすすめします。

 

マンションの場合

マンションは一戸建てに比べて大きさ・リフォーム範囲が限られているため、一戸建てより費用は安くなりやすいです。建築面積が30坪(約50畳)の広さでは、約300〜1,200万円ほどの金額になります。

最近は、中古マンションや古くなった団地リフォームも増えていますが、1平米あたり約数万円〜15万円前後でスケルトンリフォームが可能です。

一戸建て・マンションも中古物件を購入してスケルトンリフォームすることで、新築物件よりも安く生活スタイルに合わせたお住まいを実現できる可能性があります。新しく物件を購入することをご検討の方も、リフォーム業者や不動産会社とご相談のうえスケルトンリフォームをプランのひとつに加えることをおすすめします。

 

費用について注意したい3つのポイント

つづいて、スケルトンリフォームの費用に関して、注意しておきたいポイントを3つご紹介します。リフォーム費用は安いものではないですが、コストの低さばかりを注目するのではなく、施工内容やリフォーム業者についてもよく考えて依頼するようにしましょう。

 

1.リフォームにかかる費用・ローン

スケルトンリフォームは、新築よりは安くなりやすいといえども数百万円〜と高額になることが多いです。そのため、リフォームと同時にローンを組むことを検討する方も多いでしょう。ローンには、住宅ローンとリフォームローンがあるのですが、スケルトンリフォームを事前に考えられている場合は物件の購入と同時に合わせてローンを申請することをおすすめします。

ローンを組むには見積書が必要なため、事前に予算やリフォーム内容を検討しリフォーム業者に相談しましょう。弊社では、実際に現地にお伺いし、現地調査をしたうえでご相談していただくことが可能です。ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

2.リフォームの方法・範囲

リフォームの方法には、大きく分けて以下の3つがあります。

 

●内部スケルトン
●内部&外部スケルトン
●外部スケルトン

 

リフォーム計画によって、リフォームの範囲が変わります。また、当然ながらその範囲によって必要な費用も変わります。お悩みやご予算に合わせて、じっくりとリフォームプランを設計しましょう。

 

3.見積もりは”安さ重視”にしない

いくつか見積もりをとって、リフォーム業者を選定する方も多いかと思います。そこで安さを重視してしまうと、サービスが悪かったり質の悪い素材を使われたりしてしまうおそれもあります。リフォーム費用だけで判断せず、見積もり内容をきちんとチェックし、各リフォーム業者の特徴なども含めて決めるようにしましょう。

 

安心できるリフォーム業者の選び方

最後に、大切なお住まいのリフォームをお任せするリフォーム業者を選ぶときのポイントをご紹介します。

 

地域に根ざして、経験豊富な業者を選ぶ

地域によって、特性や風土があります。その特性・風土によって、特徴的な問題やお悩みが出てくるかもしれません。お住まいの地域に根差したリフォーム業者に依頼すれば、その問題・お悩みを解決してくれるでしょう。

 

経験、知識が豊富な業者を選ぶ

リフォームのなかでも、スケルトンリフォームは職人のスキルが必要になります。そのため、できるだけ経験や知識が豊富なリフォーム業者に依頼するのがおすすめです。経験が豊富であると多くの事例を解決されているため、細やかな相談や問題の解決にもいい提案内容を提示してくれます。

 

リフォーム前後も手厚い対応をしてくれる業者を選ぶ

リフォーム業者や工務店さんに対するよくあるクレームとして「自分の要望に応えてくれなくて、業者側の意見を押し付けられる」というものがあります。リフォームのプランニングや予算の設計、寄り添った提案してくれるとリフォーム業者として信頼できるでしょう。

またリフォーム後も、実際に住んでみると多少の不具合が出ることもあります。その際、親切・丁寧に対応してくれるリフォーム業者を選びましょう。

< 新着情報 TOPへ