新着情報

2021.03.21

ガレージリノベーションならガレージハウスがおすすめ|注意点は?

高価な車を所有している、または新車購入を検討している方なら、車だけでなくガレージにもこだわりたいですよね。近年、人気が高いのはビルトインガレージとも呼ばれるガレージハウスで、住まいをリノベーションして手に入れたいという方が多いようです。どのような方法でガレージをリノベーションすれば、ガレージハウスを手に入れることができるのでしょうか?

 

ガレージハウスのメリットは?

まずはじめに、ガレージハウスのメリットをご紹介します。

 

車を保護できる

ガレージハウスがあれば、車を屋内に駐車できることから車が雨で汚れたり、風で飛ばされてきたものが車に当たって傷が付くことを防げます。さらにシャッターを設置すれば、いたずらや盗難の心配もありません。これらはカーポートでは得られない大きなメリットですね。

 

車のお手入れが快適になる

車が好きな方は日々愛車のメンテナンスを欠かしませんが、ガレージハウスがあれば天気が悪い日でも快適にメンテナンスをおこなうことができます

 

雨に濡れずに車に乗れる

雨に濡れることなく車に乗れることもメリットのひとつです。たとえば、介助が必要な高齢者の方や小さなお子様がいるご家庭の場合、比較的スムーズに車に乗るまでの介助をこおこなったり、お子様がいても安全に乗り降りができたり、雨の日の買い物帰りも荷物を雨に濡らすことなく家に持ち帰ったりことができます。

 

税金免除も可能

以上のメリットは皆さんにとっても想像しやすいメリットですが、なんとガレージハウスを設置することで税制面でも優遇されます。ガレージハウスの面積が、延べ床面積の1/5以下であれば床面積として計算されないので、その結果固定資産税が安くなります。お住まいの地域の自治体によって詳細が変わってくるので、ぜひ一度自治体に確認しリノベーション前には施工会社にもお伝えすることをおすすめします。

 

どのようにガレージをリノベーションする?

ガレージハウスを手に入れるには、どのようにリノベーションすればよいのでしょうか?ここでは、ガレージをリノベーションした例を簡単にご紹介します。

 

和室をガレージハウスにリノベーション

土地にあまり余裕がない場合、住まいの部屋の一部を利用することでガレージハウスを手に入れることが可能です。たとえば、和室を一室丸ごとガレージハウスにリノベーションすることで、充分なスペースを確保することができ、窓を作っておくことで隣の部屋から愛車を眺めることもできます。

あくまで費用の目安となりますが、和室をガレージハウスにリノベーションする場合、和室の解体工事とガレージハウスの工事費、外構費を合わせて約150万円から200万円が相場です。防犯性を考えたときにシャッターの取り付けを追加で希望される方もいますが、その場合シャッターの本体代金、取り付け費込みで20万円から40万円程度が上乗せされます。

 

庭にガレージハウスを設置

今ある部屋を取り壊したくない方は、庭をお持ちの場合なら、庭をガレージハウスのスペースとして活用することも可能です。既存の部屋を取り壊す場合は既存の部屋の天井までの高さを考慮しなければならないので制限がありますが、庭にガレージハウスを設置する場合は天井の高さを考える必要はありません。車高が高い車も余裕を持って駐車できるのが魅力です。庭にガレージハウスを設置する場合は道路から乗り入れることができ、スペースが3×6m以上あればガレージハウスを設置することが可能です。

費用を節約したい場合は150万円程度から設置することが可能で、この場合もシャッターを設置する場合は別途その費用が上乗せされます。

 

ガレージをリノベーションする前に理解しておきたいポイント

最後に、リノベーションを行う前にガレージハウスを設置する上で発生し得るデメリットについてもご紹介します。ガレージをリノベーションする前にきちんとポイントを確認しておきましょう。

 

車を動かすたびに騒音が気になる

屋内に車があることで、車を動かすたびに騒音が発生します。騒音のほかにも振動が他の部屋に伝わる可能性もあるので、早朝や深夜に車を動かす場合は注意が必要です。

 

排気ガスがガレージハウスに充満する

ガレージハウスが密室の場合、車の排気ガスがガレージ内に充満し健康被害に繋がる可能性があります。ただし、この問題は換気扇や窓を設置することで対策が可能です。

 

家や庭が狭くなる

部屋を取り壊したり庭を潰したりしてリノベーションをおこなうわけですから、必然的に家や庭が狭くなり窮屈さを感じる場合があります。とは言え、スペースを節約しようと小さいガレージハウスを作ってしまっては不便さが増し本末転倒という結果になりかねません。無理のないように、施工業者のプロのスタッフにアドバイスを求めるとよいでしょう。

 

心配ごとやデメリットはプロの力を借りよう

いかがでしたか?デメリットがあるとは言え、たくさんのメリットがあるのも事実です。車を愛する方にはぜひリノベーションの検討をおすすめします。弊社では、考えられる心配ごとやデメリットを最小限に抑えて、費用面でも無理のないリノベーションプランをプロのスタッフが提案させていただきます。ガレージハウスのリノベーションに少しでも魅力を感じた方はぜひ一度お問い合わせください。

< 新着情報 TOPへ