新着情報

2020.06.12

「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム水」の違いについて

5月29日、独立行政法人製品評価技術基盤機構様より「次亜塩素酸水」のご注意が公表されました。
私共が行なう「ウイルス除菌作業」で使用しております「安定型次亜塩素酸ナトリウム水」と 製品名が大変似ておりますが、 下記の点で異なる製品である事のご報告を申し上げます。

 

①塩酸系物質を混合しているかどうか

今回問題となっている「次亜塩素酸水」は元の「次亜塩素酸ナトリウム」に塩素系物質を混合したものです。
よって、物性も「アルカリ性→酸性」へと変化しております。
それに対し、私共の「安定型次亜塩素酸ナトリウム水」は全く他の物質を混合させず、特殊製法にて低濃度、弱アルカリ性のシンプルな安全製品でございます。

 

 

②安全と食品添加物の認証の有無

厚労省で認証されているのは「次亜塩素酸ナトリウム」の低濃度、少量の含有製品です。
その為、当然ながら他の成分を混合し、物性が変化した製品に関しては認められておりません。
故に、問題の「次亜塩素酸水」は、製法の段階でアルカリ性から酸性へと変化しておりますので、
安全性と食品添加物の認証はされておりません。
それに対し、私共の製品は100%次亜塩素酸ナトリウムで出来ておりますので、認証された製品でございます。

 

 

③開発・販売にあたって

私共の製品は第三者機関にて実証実験を繰り返し行い、「効能・安全性」を確認して既に10年以上経過しております。
なお、全国の薬局を中心に専門家の皆様にも高い評価を得ております。

 

上記、「次亜塩素酸水」と「安定型次亜塩素酸ナトリウム水」の違いについて内容のご理解頂き、
今後ともご愛好賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

< 新着情報 TOPへ