新着情報

2020.09.08

台風など強風を家から守る!防災のための屋根と窓のリフォーム

9〜10月にかけて台風シーズンがやってきます。

最近は地球温暖化により、海面水温の上昇で、歴史に残るほど非常に大きな台風も多発しています。

 

「台風による住宅被害を抑えたい。」

「強風の対策としてリフォームをしたい。」

といったご要望をお持ちのお客様もいます。

 

◆強風の影響を受けやすい「屋根」と「窓」

 
強風によって影響を受けやすい箇所は「屋根」と「窓」です。

強風によって瓦など屋根材が飛んでいくことや、窓ガラスが割れて雨風が侵入することがあります。

暴風は春先や他の季節にも吹くことがあります。

 

事前に強風が吹くことがわかっていれば、雨戸をテープでとめることや板で補強するなどできますが、突然ふきあれることもあります。毎回、対策するのは大変です。

 

また、屋根は家全体を守る役割を担っています。

屋根が強風によって飛ばされるなど、破損することで、雨風が侵入して内部まで侵食してしまいます。

建物全体の寿命を縮めることにもなります。

老朽化により経年劣化をしている可能性もあるので、古い家ほど屋根のチェックは欠かせません。

 

瓦やガラスでケガや二次災害にならないためにも、普段から防災対策になるリフォームをおすすめします。

 

◆リフォームを検討してほしいケース

 
【窓ガラス】

ヒビやガタツキがあると、窓ガラスが割れやすく外れることもあります。

風そのもので割れるだけでなく、強風によって飛んできた植木鉢や屋根瓦によって窓ガラスが割れてしまうこともあります。

 
一般的に二重窓が多いのですが、雨戸やシャッターの設置することで窓ガラスをむき出しにしないリフォームもあります。

 

【屋根瓦】

 
塗料を塗り替えることで色付けだけで履く、防水加工にもなります。

新しい屋根材に取り替える葺き替えもできますが、今の屋根材の上に新しい屋根材をかぶせる葺き替えというリフォームもあります。

まだ新しい屋根材であれば大きな補修は必要ないので、屋根材のズレや浮きなどを直す補修工事もあります。

 

当社では数週間で屋根や窓のリフォームを行います。

ご予算やお宅の状態などにもよってご相談いただけます。

お問い合わせいただくと、専門スタッフがお伺いいたします。その後、調査してお見積りとなります。
 

< 新着情報 TOPへ