新着情報

2021.07.12

テレワークのためのリフォーム|自分だけの空間づくりのポイント

情勢や会社の方針、ご家庭の事情によってテレワークをされる方が多くなってきました。プライベート空間との区切りや仕事がしやすいスペースなど、仕事に集中できる空間も必要ではないでしょうか。今回は、テレワークに最適なリフォームについてや、気になる補助金についてご説明していきます。

 

コロナ禍で注目慣れたテレワーク、悩みの種は?

テレワークになって通勤時間がなくなる、家事や子育てを分担できるなど良い面がありますが、その反面で良くないこともあります。

 

・ご家族と一緒にいるので、生活音や人の声が気になり集中できない

・作業したいスペースの収納や電源の数が足りない

・机の高さや内装などが合っておらず作業しづらい

 

などのお悩みはないでしょうか。このようなお悩みを解決するために、どのようなリフォームをすれば良いのか、一緒に考えていきましょう。

 

 

快適なテレワークを実現するためのリフォームポイント

リフォームする前にテレワークに合わせて見直すべきポイントを見ていきましょう。

 

1.充実した収納

収納スペースが少ないと、仕事で使う資料や機材などが散乱してしまいます。必要なものが散乱していると、探すのに時間がかかり作業効率が落ちるなど弊害もあります。また、プライベートのものと仕事のものが一緒に混在していると、仕事に集中できない要因にもなるため分別できる収納スペースは必要です。

 

また、部屋に丁度いい収納家具が売っておらず、無理やり部屋に収納家具を置いていることはないですか。リフォームをするときに、部屋にあったオリジナルの家具を製作することも可能です。お好みの形や大きさで作ることができるので、デッドスペースもできにくく充実した収納スペースになります。

 

2.適度な防音性、採光性

オンライン会議などをしていると、屋外の騒音や生活音などが入って声が相手に届かない、採光性が足りずに顔や資料が暗く映るといったことが起こることがあります。特に音は集中力の妨げになるため防ぎたいです。

 

生活音の場合、間切りのために壁やドア、パーテーションなどをつけるリフォームができます。床や壁などの建材によって、生活音や屋外の騒音も防ぐことも可能です。予算やお悩みによってリフォームプランをご検討ください。

 

また、間切をする際には窓も必要です。室内窓でも、隣の部屋からの光を取り入れることが可能です。窓のリフォームは換気にもなります。二重窓にすることで、防音性能も向上します。

 

3.必要な数の電源、コンセントの確保

家で仕事をするとなると、デスク周りに電源、コンセントが多く欲しくなります。パソコンや複合機、LAN、スタンド照明など、仕事をする際に必要です。これらに加えて生活に必要な電源も利用するので、コンセントは多いほうが良いです。

 

一般的なコンセントの増設は数千円〜3万円程度と、他のリフォームに比べると比較的安価です。無理なタコ足配線や延長コードの使用は危険です。配線の距離が長い場合や工事が必要な場合は別途費用がかかりますが、コンセントが足りないと思ったら増設リフォームをご検討ください。

 

4.適切な照明、壁紙

仕事をするときに暗いと集中ができません。間切りをすることで電気の光が入らないこともあります。仕事スペースの照明が暗い場合は照明の数を増やすことをご検討ください。

また、集中力を持続するためには、照明の明るさや色にもこだわってほしいです。一般的に、集中力を持続させたいなら「昼光色」という青みがかった白色の証明を使いましょう

 

壁紙も落ち着いた色の壁紙にすることで、集中力が持続しやすくなります。青色など寒色系にすると、緊張を和らげる効果がありストレスが溜まりにくいです。

 

5.自分に体に合った内装・インテリア

自分の体に合った机がない場合、収納と同様に製作することができます。身長によって自分に合った高さや作業しやすい広さで作ることができます。

 

また、湿度調整や消臭、吸音までできる壁材がありますので、乾燥を防ぎたい、匂いに敏感などの場合、それに合わせた壁材でのリフォームが可能です。壁の広さや壁材によって値段は変わります。

 

 

テレワークリフォームは補助金対象?

テレワークをする人が増えて、リフォームしたい人も増えていますが、費用面で厳しいとお考えの人もいるでしょう。国土交通省が2021年度、このような情勢から、在宅勤務用リフォームの補助金制度を開始しました

 

これは長期優良住宅化リフォーム推進事業の一環で、設けられた一定の性能基準を満たしたうえで、最大100万円の補助金、または工事費の3分の1の補助率で補助が受けられます。

 

また、各自治体で行っているテレワークに関する補助金制度があります。例えば、静岡県では対象工事費の2分の1以内で、最大35万円の補助が得られます。滋賀県大津市では、対象工事費の3分の2(上限10万円)の補助があります。

 

お住まいの地域でも補助金制度などがあるかもしれません。また、補助金等の制度は申請期限があります。自治体に問い合わせするなど、リフォーム前にお調べください。

 

弊社でもテレワークに伴うリフォームを承っています。ご相談や見積もりは無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

< 新着情報 TOPへ