新着情報

2021.05.21

スケルトンリフォームの費用相場は?費用や支払いで気を付けるべき ポイントを徹底解説!

リフォームを検討していると、スケルトンリフォームと言う言葉を目にすることもあるのではないでしょうか。

「スケルトンリフォームって何?費用相場を知りたい」

と、気になりますよね。

スケルトンリフォームは比較的規模が多きいリフォームだけに費用が高くなりがちです。

そのため、できるだけ損せず後悔しないように選択したいですよね。

しかし、費用を安くすることだけしか考えないと、材料やサービスが悪くなる可能性があります。

そうなると長期的に見たときにかえって費用が高くなってしまうのです。

この記事を読めば、スケルトンリフォームと費用相場について理解でき、損しない業者の選び方が理解できるようになります。

5分程度で読めますので、後悔しないためにもぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

 

スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとはフルリフォームのことを言います。

スケルトンとは、骨組みのみのことをいいます。貸店舗などでも床材・壁紙や設備が入っていない状態を、リフォーム業者や不動産屋などが業界用語としてスケルトンと呼びます。お住まいでいうと骨組み(柱・梁や屋根など)だけを残した状態です。

つまり、スケルトンリフォームとは、その骨組みの状態からリフォームをすることをいいます。つまり、フルリフォームを業界の言葉で、スケルトンリフォームと言われるのです。骨組みの状態からリフォームするので、ほぼ新築のような住心地を実現できます。

家がすでにあったところを更地にして新築を建て替えることもできますが、スケルトンリフォームはそれに比べて工期や費用を抑えることができます。法律や地域条件によって建て替えのできない場合にも、スケルトンリフォームはおすすめです。

 

スケルトンリフォームの費用の目安

一戸建ての場合

広さやリフォーム内容によって解体費用・リフォーム費用が異なりますので参考値になりますが、建築面積が30坪(約50畳)の大きさでは、1,200〜1,700万円ほどの金額になります。

建物の劣化が激しい場合や屋根など躯体部分にリフォームが及ぶ場合、更に高くなりますのでリフォーム会社のスタッフと話し合って、ご予算と見合わせてリフォームプランをお考えいただくことをおすすめします。

 

マンションの場合

マンションは一戸建てに比べて大きさ・リフォーム範囲が限られているため、一戸建てより費用は安くなりやすいです。建築面積が30坪(約50畳)の広さでは、300〜1,200万円ほどの金額になります。

最近は、中古マンションや古くなった団地リフォームも増えていますが、1平米あたり数万円〜15万円前後でスケルトンリフォームが可能です。

 

一戸建て・マンションも中古物件を購入してスケルトンリフォームすることで、新築物件よりも安く、ご自身の生活スタイルに合わせたお住いになる可能性があります。新しく物件を購入することをご検討の方も、リフォーム業者や不動産会社とご相談のうえスケルトンリフォームをプランの一つに加えることをおすすめします。

 

スケルトンリフォームの費用・支払いについて注意したいポイント

ローンについて

スケルトンリフォームは数百万円〜と高額になることが多いです。そのためリフォームと同時にローンを組むことを検討するでしょう。

ローンには住宅ローンとリフォームローンがあるのですが、物件の購入と同時にスケルトンリフォームを事前に考えられている場合は、合わせてローンを申請することをおすすめします。

ローンには見積書が必要なため、事前に予算やリフォーム内容を検討し、リフォーム業者に相談しましょう。当社ではお伺いしてご相談や現地調査などいたします。よろしければ、お問い合わせください。

 

リフォームの範囲を選ぶ

の3つのリフォームの方法があります。リフォーム計画によってリフォームの範囲が変わります。当然ながらリフォームの範囲によって解体・リフォームの費用がかかります。お住まいのお悩みとご予算に合わせたリフォームプランを設計しましょう。

 

見積もりは安さ重視にしない

いくつか見積もりをとって、リフォーム業者を選定する方も多いかと思います。そこで安さを重視すると、コストを抑えるためにサービスや使う素材が悪い可能性があります。見積もりだけでなく、各リフォーム業者の特徴も含めて選定しましょう。

 

スケルトンリフォームを安心して頼めるできるリフォーム業者の選び方

地域に根ざして、経験豊富な業者を選ぶ

地域によって地形の特性や風土があります。地域に詳しいが故に問題・お悩みの解決してくれます。

リフォームの中でもスケルトンリフォームは職人のスキルが必要になりますので、経験が豊富なリフォーム業者がおすすめです。経験が豊富であると多くの事例を解決されているため、細やかな相談や問題の解決にもいい提案内容を提示してくれます。

 

リフォーム前・後も手厚い対応

リフォーム業者や工務店さんでよくあるクレームとして「自分の要望に応えてくれなくて、業者側の意見を押し付けられる」というのがあります。

プランニングや予算の設計、寄り添った提案してくれるとリフォーム業者として信頼できるかと思います。

またリフォーム後も、実際に住んでみると多少の不具合が出ることもあります。その時に親切に対応してくれるプランを持ったリフォーム業者を選びましょう。

 

 

< 新着情報 TOPへ