新着情報

2021.06.28

外壁と屋根のリフォーム|劣化サインを見逃すな!施工ポイントを解説

長年住まわれていると、外観の汚れや劣化が気になりませんか。外壁や屋根は雨風や紫外線などに晒されて劣化が起こります。外壁や屋根は人目に触れるところで、住宅の印象にも影響します。また、見た目だけでなく、外壁・屋根のリフォームは住宅の寿命を長くすることが可能です。今回は外壁・屋根リフォームの重要性やリフォームする際の選ぶポイントなどをご紹介します。

 

外壁・屋根リフォームの目的・重要性

【建物の保護】と【美観の維持】

外壁・屋根のリフォームをすることで、もちろん外観がきれいになり住宅の見た目を若々しく変貌させます。それと同時に建物の寿命を伸ばす保護の役割もあります。

 

現在は様々な素材の外壁材や屋根材がありますが、どのような素材でも外観のメンテナンスは必要です。素材によってタイミングの違いがありますが、住宅は建てたときから10年ほどで外観の汚れや劣化が出てきます。

 

劣化を放置するとさまざまな問題が……

天候や紫外線などは、外壁や屋根の劣化の原因です。その劣化によって何が引き起こされると思いますか。それは防水性が失われます

 

防水性が失われると外壁や屋根に湿気が溜まり、その湿気が乾くと家の歪みやヒビが入ります。歪みやヒビからさらに雨など水が入ってきて、雨漏りだけではなく内部の腐食や劣化まで招きます。ひどくなると住宅の土台や基礎部分まで劣化させ、地震や台風によって住宅が崩壊する可能性も否定できません。

 

 

外壁・屋根の劣化のサインとは?

外壁や屋根のメンテナンスをしたほうが良いのは分かったけれど、それでも「リフォームはお金もかかるし、まだうちには必要ないんじゃないか?」と思っていないでしょうか。

 

雨漏りやヒビ割れが始まってからでは遅いです。その状態では、すでに住宅の内務は劣化し始めています。そのためいち早く外壁・屋根の劣化のサインを見抜く必要があります。

 

まず、一番わかり易いのが外壁や屋根を触ったときに白い粉がつくことです。チョーキングと言われるものですが、この状態だと防水性は弱っています。

 

このチョーキングの原因は苔やカビの発生です。チョーキングや苔などを放置しておくと美観を損ねるだけではなく、ひび割れや雨漏り、住宅内部の劣化へと発展していきます。リフォーム後すぐの再リフォームは必要ありませんが、近々必要なのだと思って計画しておきましょう。ご心配の場合は、一度ご相談ください。

 

また、屋根を固定するための漆喰に劣化や剥がれが見られることや、金属屋根の場合には釘抜けが見られる場合は早急なリフォームをご検討ください。強風や地震で屋根が崩れる恐れがあります。すでに隙間が見られたり、雨漏りをしていると危険です。屋根は見づらいですが、劣化のサインがある場合もリフォームが必要です。

 

 

外壁・屋根のリフォームのポイント

1.できるだけ同時におこなう

「足場を組む必要あるの?」と聞かれるお客様もいらっしゃいますが、外壁や屋根は高所での作業になるため足場を組みます。

 

また、何度も足場を組むと費用がかかり、ご近所へのご迷惑にもなります。そのため外の工事やリフォームと一緒にすることで、複数のリフォームをするよりも費用を抑えるとともに工期も短くなるというメリットがあります。

 

2.「安さ」で選ばない

リフォームは決して安いものではありません。ですので、リフォーム会社を選ぶときに値段は比べてしまうと思います。しかし、あまりにも安い値段の場合、本来必要であるリフォームの工程を省略している可能性があります。

 

この場合、1回の費用は安くなりますが、劣化の時期が早まります。それにより早期に再度リフォームが必要かもしれません。

 

3.塗料の素材による耐久性を確認する

塗料にも様々あり、耐久性がそれぞれ異なります。

 

【一例】

・アクリル:3〜8年

・ウレタン:5〜10年

・シリコン:7〜15年

・フッ素:15〜20年

・ラジカク:8〜16年

 

などがあります。塗料には合成樹脂や添加物が使われており、それらが耐久性に影響します。環境によっても異なるため、リフォームする前に業者に相談してご確認ください。

 

4.「施工時期」にも注意する

空気が乾燥していると塗料が乾きやすいため、工期が短くなりやすいです。特に春や秋はある程度の気温があり、湿度も最適なのでリフォームにはおすすめの時期です。

 

外壁や屋根は足場が必要ですが、足場を組んでいると窓が開けづらいです。工期が長いと住人が住みづらい時期が長くなります。特に暑い時期は大変です。

 

また、夏場であれば雨、冬の場合は日照時間が短い・雪などにより、工期が延びやすいです。工期を短くしたいなら、施工時期にも配慮してリフォームをしましょう。

 

 

”無料見積もり”を活用しよう

弊社ではご相談・見積もりは無料です。外壁や屋根の劣化などが気になり始めたら、お気軽にご相談ください。専門のスタッフがお話を伺います。あなたの住宅に合ったリフォームプラン、お見積りをお出しいたします。

< 新着情報 TOPへ