新着情報

2021.07.12

【大阪でエクステリアリフォーム】リフォームの例や重要性も解説!

エクステリアとは家の外の部分で、リフォームによって外観を良くすることができます。庭やガレージなどもリフォームによって変わるので生活が豊かになるでしょう。今回はエクステリアリフォームはどのようなものなのか、事例を上げて説明していきます。

 

「エクステリアリフォーム」とは?

家の外観などのリフォームについて調べているとエクステリアという言葉を目にすることがあると思います。エクステリアとは、住宅の外回り全体を指します。例えば、玄関や門周り、カーポートや駐車場、庭についてなどです。

 

 例1:玄関、門まわり

・門扉の塗装・塗替え

・門扉の交換

・塀の一部を取り壊して門の設置

・門の設置+アプローチの整備

門まわりのリフォームは、大きく分けて4つあります。

 

【門扉の塗装・塗替え】

木製や鉄・ステンレス製の門によって塗料の種類が異なります。木製であれば色あせやカビの発生、鉄製であればサビの発生、これらが見られた場合は水はけの悪化や腐食により劣化が進行しやすいのでメンテナンスのためリフォームしてください。

 

【門扉の交換】

劣化などにより昔の門扉だと重くて開きづらいことがあります。今は軽量な門扉もあるため小さなお子さんやお年寄りであっても快適に門を開くことができます。ご家族の構成や高齢化、家庭環境などに合わせてお住まいの環境は変えていくことも必要です。

 

【塀の一部を取り壊して門の設置】

見通しの良い玄関周辺や人目につきにくい裏口は、不審者も入りやすいです。このようなところには門扉を付けておくと、防犯性が高くなり家族以外の人が入りづらくなります。また、門扉があるとお子さんやペットの飛び出しが防げ、事故の危険性も減ります。

 

【門の設置+アプローチの整備】

アプローチとは門から玄関までの道筋のことです。門扉やアプローチは人目につきやすく、外観全体の印象を左右します。住宅に合わせて、和風や洋風、北欧風など多様な門・アプローチを作ることができます。

 

 

例2:庭(ガーデン)

最近は家で過ごす人も多く、庭のリフォームを考える人も少なくありません。デッキやテラスを作ることでバーベキューやプールなど家族で過ごす時間が変わります。

 

デッキやテラスの設置をしたいとなると大掛かりな工事になり費用や工期もかかるため、リフォーム会社との入念な打ち合わせや事前に要望をまとめておく事が大事です

 

例3:駐車場

・オープンスタイル

・カーポート

・ビルトインガレージ

以上の3パターンの駐車場にリフォームする方法があります。

 

【オープンスタイル】

屋根のないガレージで庭など空いたスペースを活用するスタイルです。取り壊しや地面の舗装(砂利やアスファルトなど)が必要な場合がありますが、手軽にできます。

 

【カーポート】

屋根だけを設置するスタイルです。雨や埃などを車から守ることができます。素材やデザインが多様で住宅の雰囲気に合わせて種類を選ぶことが可能です。

 

【ビルトインガレージ】

屋内型の駐車場です。屋根だけではなく建物の中に車を収納することができるので、雨風や埃から守ることができます。シャッターもあるので防犯性も高いです。ただし、オープンスタイルやカーポートに比べて、費用が高くなるところが注意点です。

 

 

エクステリアリフォームはなぜ大切なの?

安全性や防犯性を高めてくれる

外構に高いフェンス、程よく見通しの良いデザインにすることで、プライバシーが守れるとともに防犯性も高められます。目につきにくい裏口などに門扉を設置することで飛び出しもなく安全性も保てます。

 

 暮らしの”質”を高めてくれる

ガーデニングや家族と過ごせるスペースにすることができます。家庭菜園やバーベキューをご家族と一緒に楽しむことも可能です。家での過ごし方も変わってくるでしょう。

 

お気に入りの空間は心も満たしてくれる

エクステリアは外観部分の多くを占めるので、きれいな外観は毎日使う住民も気持ちが豊かになります。門扉を素敵なデザインに変える、アプローチを綺麗にリフォームすることでいつもの空間が変貌します。

 

 

大阪でエクステリアリフォームならお任せください

弊社ではエクステリアリフォームの実績が充分にあり、安心してご相談いただけます。お庭や門まわり、駐車場など気になりましたら、ご相談ください。

 

 エクステリア以外のリフォームも大歓迎!

エクステリア以外にも外壁や屋根の汚れやひび割れ、内装・水回りのお悩みなどトータルでリフォームのご相談をしていただけます。ご相談やお見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

< 新着情報 TOPへ