新着情報

2021.09.27

意外と予算内?キッチンリフォームの相場を理想のスタイルごとに解説

キッチンは毎日使うところなので、きれいで快適なリフォームをしたいとは思わないでしょうか。しかし、どのくらい費用がかかるのか、不安になります。今回はリフォーム内容ごとの費用相場をご紹介します。ぜひ最後まで読んでご参考にしてください。

 

キッチンリフォームの中央価格はどれくらい?

キッチンをリフォームしたいけど、だいたいどのくらいの費用がかかるのかと悩んでしまいます。リフォーム内容によって費用に幅があるのですが、多い価格帯は50〜150万円です。

 

50万円以下のリフォームとなると、コンロや換気扇など一部分のみの交換や設置となるため、要望される方は多くありません。また、150万円以上のリフォームはキッチンの位置そのものを変えたいというものになります。キッチンの移動は水道やガスなどの配管工事も必要となるため、その費用が大きくかかります。

 

キッチンの位置は変えずに形も大きく変えなければ、50〜150万円の平均的価格の間でリフォームすることができるでしょう。住宅の状態によって施工の内容や費用が変わるため、事前にリフォーム会社にご相談や見積もりを取ってください。

 

 

内容ごとに相場を解説!

では、具体的にどんなリフォーム内容で、どのくらいの費用になるのか、知りたくないでしょうか。ここでは4つの事例を出して、費用相場を説明します。

 

壁紙を張り替えたい

キッチンは料理の際に付く油汚れが原因で、壁紙がベタつき・黄ばみなど汚れやすいです。毎回料理をする時に細かく掃除できればいいのですが、それは難しいです。今では、汚れ防止機能付きや汚れが目立ちにくい柄の壁紙があります。

 

費用相場は1平米あたり約800〜1500円です。おしゃれなデザイン性や機能面も注目して壁紙を選んでみてください。

 

コンロ・換気扇などを部分的に変えたい

《コンロ》

ガスからガスへ、IHからIHへそのままの形式で新しいコンロに変える場合、工事費込みでだいたい20万円までに収まります。しかし、ガスからIH、またはその逆の場合、ガス・電気の配管工事が必要です。そのため、100万円〜かかることがあります

 

《換気扇》

換気扇はキッチンの中でも一番汚れやすく掃除が大変です。最近は汚れにくい、掃除がしやすい種類もあります。本体価格と工事費のみなので、約15~30万円ほどで換気扇を変えることができます。

 

キッチンの位置は変えずに似た形のものに変えたい

最近のキッチンは動線や高さ、収納スペースなど効率的に考えられたものも多いです。また、今までのキッチンが古くなることで使いづらくなることもあるでしょう。

 

キッチンの位置を変えずに似た形であれば、基本的には本体価格と工事費です。キッチンのグレードや素材などによってリフォーム費用に幅が出ます。費用相場は約50〜90万円です。ちなみに、I型キッチンから対面式キッチンに変えるなど、キッチンの形を変えると100万円〜になる場合があります

 

キッチンの位置や形をすべて変えたい

キッチンの位置を変えると、水道・ガス・電気といった配管工事と内装工事といった大規模な工事になります。また、キッチンの形を変えると本体価格もかかります。250万円〜と高額なリフォーム費用です。移動する場所によって補強工事も必要となるため、リフォーム会社とよく話し合ってキッチンの移動は検討してください。

 

 

キッチンリフォームはなぜ高くなる?

ご紹介したように、キッチンのリフォームは100万円前後かかることも多く、決して安いとは言えません。この高価格には2つの理由があります。

 

システムキッチン本体の価格が高い

システムキッチン自体が、比較的安いものでも50万円〜になります。そこに付随するリフォーム工事や工事費が加算されるため高い費用が必要となってしまいます。

 

追加補修の必要性はリフォームを始めてからしか分からない

家の状態によってリフォームの内容が変わってきます。もし家の現状でご希望のキッチンにすることが叶わない場合、補強工事や追加のリフォーム工事が必要となります。リフォーム工事が始まってから、追加補修が必要だと分かるケースも多いです。

 

 

しっかりした打ち合わせで理想のキッチンを手に入れよう!

事前にリフォーム会社にご相談して、家の現状を確認してもらいましょう。

 

弊社でもキッチンのリフォームを承っています。お問い合わせいただくと、専門スタッフがお伺いしてご相談や家のチェックなど行います。ご相談から見積もりまで無料ですので、ぜひご活用ください。

 

< 新着情報 TOPへ