新着情報

2021.10.04

リフォームするならコレ!無垢フローリングで変化を楽しむ暮らし

フローリングは、紫外線の影響や日常生活などにより傷みやすいです。フローリングのリフォーム時期は一般的に「10年〜15年」と言われており、歩く時に床が鳴る、床が沈むようであればリフォームのサインです。リフォームの際におしゃれで快適なお部屋にするのにおすすめな木材は、「無垢材」です。今回は、無垢材を使ったリフォームについての特徴や良いポイントなどをご紹介します。

 

無垢フローリングのここが良い

フローリングのリフォームには、無垢材を使うのがおすすめです。なぜ、おすすめなのかをご紹介していきます。

 

調湿作用があり、体に優しい

湿度は、住み心地や体の健康に大きく影響します。夏になると湿気が高くなりジメジメし、冬になると湿気が低くなり乾燥してしまいます。無垢フローリングにリフォームすれば、湿度が高い時には水分を吸収してくれて、一方で湿度が低いときには放出して一定の湿度に保つ効果があります。

 

また、無垢フローリングはシックハウス症候群の原因となる化学接着剤が使われていないため、家にいる時にシックハウス症候群の症状である頭痛や吐き気などを引き起こす心配がありません。

 

手触りの良さ

木材の手触りが良いのも無垢フローリングの特徴です。合板フローリングは無機質な手触りですが、無垢フローリングは天然の木材から作られており、温かみのある木材が本来持っている質感を実感できます。

 

天然の木材には空気が含まれているので、床特有の夏に感じるベタつきや冬に感じる冷たさなどの不快感を軽減してくれます。季節に関わらず、素足でも不快感なく一年中過ごしやすいです。

 

経年変化を楽しめる

無垢フローリングは天然の木材を使っているので、時間が経つごとに色が変化します。これは経年劣化ではなく、木材の持つ成分に紫外線が影響して色が変化します。

 

色の変化の仕方は、木材の種類によって様々です。色が濃くなるものや木目がくっきりとわかりやすくなるものなど、年々味わい深い床に変化していく楽しみがあります。

 

 

傷がつきやすい→暮らしの証

無垢フローリングは天然の木材を使用しているので、傷がつきやすいというデメリットがあります。しかしその傷も木材の色の変化とともに、だんだん味わい深いものになっていきます。リフォームしたての場合は傷がつくとショックかもしれませんが、時間が経つと暮らしの証となっていき趣のある風合いになります。

 

またオーク材やナラ材などは、無垢材の中でも比較的傷がつきにくいです。リフォームの際に、フローリングの表面に使用する塗料を自然オイルやワックスのクリアー塗装などを施すと長持ちしやすくなります。

 

 

色で変わる部屋の印象

無垢材にも様々な種類があります。フローリングに使用する無垢材の種類によって、色の変化の仕方が変わってきます。どんな部屋の印象にしたいかによって、使用する無垢材を変える楽しみがあります。ここでは、主な3パターンをご紹介します。

 

白っぽい木【カエデ・ブナなど】

カエデやブナなどは無垢フローリングの中でも、白っぽい色合いが特徴です。爽やかな清潔感、解放感のある部屋にしたい人には、白っぽい木を使ったフローリングがおすすめです。優しい手触りで、夏の湿気の高い時期に素足でも過ごしやすいという特徴があります。

 

白っぽい木は他の種類に比べて木目が目立ちにくいですが、照明の当て方や日差しの時間帯によって、木目の見え方が変化するので味わい深いです。

 

リフォーム直後の木材の色は黄色味を帯びた乳白色ですが、時間が経つごとに黄色味を帯びて飴色へと変化します。

 

中間的な色の木【タモ・パインなど】

パインやモタは柔らかく踏み心地が良い上、空気を多く含むため冬でも保温効果が高い木材です。傷がつきやすいというデメリットがありますが、少しの傷ならば水を含ませるだけで修復できます。

 

ヒロの変化は比較的少なく、ゆっくりと時間をかけて色が濃くなっていきます。木材らしい褐色に変化し、木目がより強調されるのが特徴です。あまり色の変化を好まない人や、リフォーム後も部屋の雰囲気を変えたくない人におすすめです。

 

濃い色の木【チーク・ウォルナットなど】

チークやウォルナットは木材の色が濃く、独特の木目であるのが特徴です。シックで重厚感があるので、高貴で落ち着いた雰囲気の部屋にしたい人におすすめです。チークやウォルナットは耐久性が高く、高級家具にも使われています。

 

最初は淡いブラウン色ですが、経年変化によりだんだん色が濃くなっていきます。年数とともに重厚感や高貴な雰囲気のある部屋に変わっていくので、変化を楽しめます。

 

 

無垢フローリングはいくらで張れる?

・カーペット、クッションフロアから無垢フローリングへのリフォーム:6畳あたり8万円〜

・畳から無垢フローリングへのリフォーム:6畳あたり15万円〜

・フローリングから無垢フローリングへのリフォーム:6畳あたり10万円〜

 

これらの費用は、あくまでも一般的な相場価格です。リフォームする床の広さや状態によって費用は異なるのでご注意ください。詳しくはリフォーム会社に相談し、部屋の点検や見積もりをしてもらいましょう。

 

弊社では、無垢フローリングへのリフォームも取り扱っています。ご検討の際は、お電話やメールからお問い合わせください。専門スタッフがお宅へ訪問させていただき、ご相談・部屋の点検をいたします。お見積りまで無料ですので、安心してご連絡ください。

 

< 新着情報 TOPへ