新着情報

2021.10.11

格安でお風呂のリフォームをするなら?費用な注意点なども要チェック

お風呂のリフォームを格安でしたいけど、どんなリフォーム会社を選んでいいのか分からないかと思います。今回はリフォーム費用の相場、格安でリフォームする方法や注意点などご紹介します。リフォーム会社を選ぶ際のご参考にしてください。

 

お風呂のリフォーム費用相場

お風呂のリフォームが一体いくらかかるのか、リフォームがしたくても費用が気になって、なかなか手が出せないと思います。お風呂の種類には在来工法とユニットバスの主に2パターンあります。この2パターンの費用相場をご紹介します。

 

尚、サイズや商品のグレードなどによって価格は異なりますので、あくまでも参考にして、リフォームをご検討の際には見積もりを取ってください。

 

ユニットバスの交換

費用相場:65万円〜(ミドルタイプ)

 

現在ユニットバスをお使いで、新しいユニットバスに取り替えるというリフォームです。ユニットバスには決まった規格があるため、比較的簡単な工事になります。ユニットバスの交換時期は一般的に15年〜20年です。ユニットバスを20年近くお使いの場合、リフォームをご検討ください。

 

在来工法からユニットバス

費用相場:40万円〜

1980年代に急速な普及をするユニットバスですが、昔から住まわれている家の場合、まだ在来工法のお風呂の家もあります。リフォームをする際に、現在お使いの在来工法からユニットバスにリフォームしたいとお考えの人も少なくないはずです。

 

在来工法からユニットバスにリフォームする際に注意すべき点があります。それはサイズの違いです。ユニットバスは規格が決まっているため、現在お使いの在来工法のお風呂のサイズに合わないとリフォームできない可能性があります。専門業者に相談して現在お使いのお風呂を点検してもらい、ユニットバスにリフォームできるか事前に確認しておきましょう。

 

在来工法から在来工法

費用相場:80万円〜

 

現在お使いの在来工法のお風呂がユニットバスにリフォームできない場合、同じ在来工法でリフォームするしかありません。しかし、在来工法は企画が決まっていないので、設計・デザインの自由度は高いというメリットがあります。設計・デザインにこだわってリフォームしたい人は在来工法がおすすめです。

 

 

格安でお風呂のリフォームをする5つの方法

お風呂のリフォームは決して安いものではありません。リフォームを安くするための方法を5つご紹介します。

 

複数の会社から見積もりをとる

会社によって費用の総額や工事内容などが異なるので、複数の会社から見積もりを取って確認しましょう。同じ工事内容でも費用が安い会社もありますので、工事内容と金額を見比べてリフォーム会社を選ぶことをおすすめします。

 

余計なオプションはつけない

もちろんオプションを付ければ、費用は高くなります。魅力的なオプションも多いのですが、リフォーム後に「あまり使わないな」ということもあります。オプションは口頭の説明だけで決めずに、ショールームで現物を見たり、ホームページに載っている事例を確認したりしてから決めるとご自身に必要なオプションがわかりやすいです。

 

部品や設備の価格を自分で調べておく

部品や設備の価格を自分で調べるのは面倒かもしれませんが、ホームページやパンフレットを取り寄せるなど、簡単に価格が分かる手段もあります。価格を知っておくことで見積もりを見て、適正な価格なのか自分の目で判断ができるため、良い会社・悪い会社を事前に確かめることが可能です。

 

使用する商品のグレードを下げる

せっかくリフォームするなら、高いグレードの商品を使いたいと思うでしょう。しかし、グレードに関わらず品質・機能性が良い商品も多く、必ずしも高いグレードを使う必要はありません。リフォーム予算に合わせて、商品を選びましょう。

 

補助金制度を利用する

ご家族に要支援・要介護者がいる場合、バリアフリーリフォームを対象に介護保険適用の補助金があります。国の補助金制度として次世代住宅ポイント制度というのもあり、各自治体によっても補助金・助成金制度があります。それぞれ、適用には条件がありますので、事前にご自身でご確認ください。

 

 

安さを求める場合の注意点

安さだけを求めると悪い会社でリフォームをして取り返しのつかないこともあります。安心できるリフォーム会社を選ぶために、価格の他に確認しておくべき注意点を3つご紹介します。

 

見積書の内容に問題がないか

悪い会社の場合、必要のない費用も見積もりに加算されていることもあります。見積書の内容を細かく確認し、疑問点や不明点やリフォーム会社に納得するまで聞きましょう。また、人件費や商品の品質を削って価格を下げている場合もあるので注意しましょう。

 

施工前に診断・調査をしっかり行うか

施工前に家に訪れて、現在のお風呂の状況を診断・調査してくれるか確認してください。お風呂は水回りも関係しているため、配管や間取り、周りの状況などがリフォーム工事に関係しています。ユニットバスへリフォームする場合、規格のサイズが合わずにご希望のリフォームができないこともあるため、診断・調査をしっかり行う会社を選びましょう。

 

アフターケアや保証の有無

リフォーム後の保証やアフターフォローがあるか確認してください。リフォーム後に不備があっても対応してくれないリフォーム会社も存在します。過去に世間を賑わせたリフォーム詐欺事件もありましたので、リフォーム前に保証の有無を確認しましょう。

 

弊社でもお風呂のリフォームを行っています。ご相談いただくとスタッフがご自宅へお伺いして、お話をして診断・調査します。見積もりも無料でお出ししますので、お気軽にご相談ください。

< 新着情報 TOPへ