新着情報

2021.12.06

外構をおしゃれにデザインしたい!駐車場計画を助けるアイデア集

外構部分に駐車場を作ると家の見た目がおしゃれじゃなくなるのではないか、理想のデザインができるのだろうか、と心配されるのではないでしょうか。今回は外構を駐車場にリフォームしたい方に向けて、駐車場のスタイルについてやデザインアイデアのヒントになる話を説明します。費用相場についても説明しているので、ぜひ最後までお読みになってください。

 

駐車場3つのスタイル

外構に作る駐車場には、3つのスタイルがあります。ここでは、それぞれのスタイルについて説明していきます。

 

オープンタイプ

オープンタイプとは、屋根や壁を作らないタイプの駐車場のことです。駐車スペースの敷地に芝生を敷いたりコンクリート塗装したりするだけなので、費用は比較的安くできる上に工期が短いという特徴があります。

 

ただし、屋根がないため雨風に晒されることや窓ガラスに霜が降りることが難点です。天候が悪い日だと車の乗り降りの際に、雨や雪で人が濡れてしまうこともあります。

 

カーポートタイプ

カーポートタイプとは、駐車スペースに柱と屋根を取り付けるタイプの駐車場のことです。車を雨や雪から守れる上、乗り降りの際に人も濡れないというメリットがあります。

 

カーポートタイプは四隅に柱を建てるため、駐車スペースが狭くなることがあります。車のサイズと柱のスペースを考えて設計する必要があります。

 

ガレージタイプ

ガレージタイプは、屋根や壁など車庫を作るタイプの駐車場のことです。出入り口にシャッターを付けられるため、車が雨風に晒されることがない上に防犯性に優れています。

 

他のタイプに比べて費用は高くなりますが、車を大事にされたい方にはおすすめのタイプです。

 

 

駐車場デザインのアイデア

目的に応じて駐車場のデザインを変えることができます。おしゃれな駐車場にすることもできるので、リフォームの際に参考にしてください。

 

【まずやっておきたい】理想のテイストや色を決めよう

外構にある駐車場は家に隣接しており外からも見える位置にあることが多く、家の印象を大きく左右します。例えば「温かい雰囲気やシックな雰囲気にしたい」「自然を取り入れたい」など、具体的に理想が決められない場合はある程度イメージしてからリフォーム会社に相談するのがおすすめです。理想にあったリフォームプランを提案してくれるでしょう。

 

コンクリートで頑丈に

「コンクリートを使うと無機質なデザインになりそう」とイメージをされる方もいるかも知れません。しかし、無機質であるがゆえにデザインに柔軟性をもたせることができるのです。例えばタイルや石張りを合わせることでおしゃれな駐車場になります。

 

またコンクリートは手入れがしやすく強度があるので、長年に渡ってきれいな状態を保てる上に使いやすいところも利点だと言えます。

 

芝生で自然を取り入れる

駐車場に芝生を使うことで、自然で優しい雰囲気が出ます。駐車場全体に芝生を敷くと、車の重みによって劣化やすいです。しかしコンクリートと併せて芝生を部分的に敷くことで耐久性も出て、おしゃれになります。コンクリートと芝生を交互に敷いて市松模様のようにすることもできます。

 

砂利で和風に

砂利の色はグレーだけではなく、白やピンク、緑など色鮮やかな種類があります。砂利を敷くリフォーム工事は比較的安価ですが、基礎工事をしっかりしていないと砂利によって駐車場が劣化することがあります。

 

また、車が出入りする度に砂利がタイヤに巻き込まれて溢れることがあります。靴や車を汚してしまう弊害もあるため、駐車スペースはコンクリートにして周りやタイヤの当たらない位置に砂利を敷くことがおすすめです。

 

照明を利用して防犯&おしゃれを実現

お住いの地域によっては街灯がなく、夜になると真っ暗になってしまうこともあります。家の周りが暗いと駐車しづらい上に、夜中に車庫や住宅に侵入者が入る危険性もあります。しかし、照明が灯っている家には侵入者や怪しい人は近寄りがたいでしょう。

 

照明には、埋込み式やランプのようなデザインなどの様々な種類があります。理想のイメージに合わせて照明を選択しましょう。

 

 

駐車場リフォームの費用

前述では、外構の駐車場は様々なデザインができることを説明しました。ここでは、一体どのくらいの費用でできるのかや費用の目安を説明していきます。

 

なお使用する資材の種類や施工工事など、リフォーム会社によって費用は異なります。こちらで説明する費用を参考にして、詳しくはリフォーム会社に見積もりを取って確認してください。

 

【材質別】値段の目安

【コンクリート】

費用:20万円〜

コンクリートの施工は、下地作りや施工に手間がかかってしまうので高めの費用になります。また岩や現在あるエクステリアなどの撤去作業がある場合、さらに費用がかかってしまいます。

 

【芝生】

費用

・天然芝:1㎡あたり3,000円〜

・人工芝:1㎡あたり6,000円〜

人工芝は天然芝に比べて費用は高くなりますが、耐久性があるのが特徴です。天然芝は手入れが必要なのが難点です。一方で人工芝は手入れが要りませんが、施工の際に下地作りが必要になることがあります。なお、下地作りにも費用がかかります。

 

【砂利】

費用:3万円〜

他の資材に比べて費用は抑えられますが、土を取って整地したり砕石を敷き込んだり下地を作る場合はさらに費用がかかります。

 

コンクリート+異素材でおしゃれかつリーズナブルに

コンクリートのみだと、費用が大きくかかります。コンクリートと一緒に芝生や砂利など異素材を使うことで費用を抑えられて、おしゃれな駐車場を作れます。

 

「我が家の外構にはどんな駐車場が作れるのか?」と、具体的にはイメージできない人も多いかもしれません。弊社でご相談いただければ専門スタッフがあなたの家へ訪問して、お話を伺った上で現地調査させていただきます。

ご相談はお問い合わせフォーム、または電話で承っています。お気軽にお問い合わせください。

 

 

< 新着情報 TOPへ