新着情報

2022.03.21

防音リフォームの方法を悩みや目的別に解説!費用も合わせてチェック

子どもが走り回る音や話し声などの生活音が近隣に迷惑をかけていないか不安ではありませんか。または外からの騒音が気になる人もいるでしょう。そのような騒音対策におすすめの防音リフォームを紹介します。リフォーム事例や費用相場、DIYでできる防音対策まで、役立つ情報をご紹介します。

 

 

 防音のリフォーム内容は悩み・目的によって決まる

防音の方法には様々あります。悩みや目的に応じて、防音のリフォームを紹介します。

 

隣人や建物周辺との生活音を遮断したい

建物の外部から入ってくる生活音を遮断するには、窓と壁で防音のリフォームがおすすめです。窓や壁の防音は外部からの音だけではなく、建物の内部から外への音も遮断されます。

窓の防音リフォームは、他の防音リフォームに比べて安価な場合が多いです。また施工の期間も短くなりやすいです。

 

防音効果のある窓には2つのタイプがあります。

 

・厚みが異なるガラスを2枚合わせるタイプ

・特殊シートを2枚のガラスの間に挟むタイプ

 

2枚のガラスを設置することで、2枚の窓の間に空気層ができて音を吸収するので、防音効果が高まるという仕組みです。

 

壁の防音リフォームは、壁の中に吸音材と遮断シートを入れるリフォーム方法と、換気口のキャップの取り換えやダクト内に吸音材を使用するといったリフォーム方法があります。

 

子供の足音が下の階に響くのが心配

子どもが走り回ったりやジャンプをしたりすると、下の階に音が響いてしまうことがあります。マンションやアパート、二世帯住宅だと特に気を遣ってしまいます。

 

・防音効果のあるフローリングやカーペットに張り替える

・床材の下に遮音材や防音材を敷く

・床材をカーペットに張り替える

 

床材の防音リフォームには以上の3つの方法があります。

 

軽量衝撃音の対策には、防音効果のあるフローリングやカーペットに張り替える方法がおすすめです。逆に重量衝撃音の対策は構造部分に関わる問題ですので、床材の下に遮音材や防音材を敷くことがおすすめです。

 

また、床材をカーペットに張り替えることでクッション性が増すので、小さなお子さんでも安心です。

なお、マンションやアパートの場合、リフォームができないことがありますので、事前に管理会社に相談しましょう。

 

カラオケや楽器の演奏をしたい

最近は家の中での趣味として、カラオケや楽器の演奏を楽しみたいという人が増えました。このような対策には防音室が必要です。

 

部屋そのものを防音室へとリフォームすることが必要です。部屋そのものをリフォームするため、リフォーム費用が数百万円と比較的高額になります。高度な防音室へとリフォームする場合、500万円〜となることもあります。

 

 

防音のリフォームに必要な費用は?

リフォーム内容には様々ありますが、気になるのが費用です。

 

リフォームの費用目安

《窓のリフォーム》

・内窓の取り付け:7万円〜

・複層ガラスの取り付け:5万円〜

 

《壁のリフォーム》

・壁に防音材の挿入:12万円〜

・換気口の防音化:1万円〜

 

《床のリフォーム》

・防音効果のあるフローリングやカーペットへ張り替え:6畳6万円〜

・床材の下に遮音材や防音材の敷設:6畳30万円〜

・カーペットの張り替え:6畳4万円〜

 

上記の価格は平均的な相場です。リフォームの内容や広さ、使用する資材によって異なります。リフォームする際は、見積もりをとって専門の業者に話を聞くことをおすすめします。

 

補助金が利用できる場合もある

・空港周辺にお住まいの方

・幹線道路周辺にお住まいの方

・自衛隊や在日米軍の飛行場周辺にお住まいの方

 

これらの地域にお住まいの方を対象にした助成金があります。詳しくはお住まいの地域の自治体にお問い合わせください。

 

 

DIYで防音リフォームは可能なのか

防音はしたいけどリフォームをお願いするほどの予算がない場合、または業者に家に入られるのに抵抗がある場合など、ご自身で防音リフォームをしたいという人もいるでしょう。ここではご自分でもできる防音方法を紹介します。

 

DIY可能な防音の方法

《床》

足音が階下に伝わるのが心配なら、防音効果のあるカーペットを敷きましょう。一般のカーペットと比べると防音効果のカーペットは価格が高いのですが、ホームセンターのような身近なところで簡単に購入することができます。

 

《壁》

防音や遮音性のあるパネル・シートを、ご自身で貼ることで壁の防音ができます。壁の大きさや形に合わせてカットして貼っていくことが必要です。

 

接着剤や両面テープなどを使って貼り付けたり、壁を汚さないようにマスキングテープを使用したりといった手間がかかります。あまりDIYをしたことのない人には、あまりおすすめできません。

 

《窓》

音が吸収される記事を使った防音カーテンというのがあります。防音カーテンを使うことで約50〜80%の減音効果が期待できると言われています。特に高音域の音におすすめで、人の話し声や動物の鳴き声などに効果的です。

 

また、窓に貼る防音フィルムというのもあります。これは窓そのものの防音性能を上げてくれます。現状の窓のままで傷をつけることなく設置できるのがメリットです。ただし、音を軽減はしてくれるものの、大きな効果は期待できないでしょう。

 

本格的な防音リフォームはプロに任せよう

DIYでもある程度の防音効果がありますが、壁や床など建物に直接リフォーム工事を施すことで防音効果が高まります。

弊社でも防音リフォームを行っています。お問い合わせいただくと、専門スタッフがお伺いしてご相談をお聞きします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

< 新着情報 TOPへ