新着情報

2022.04.20

ベランダを部屋やサンルームにリフォーム!必要な費用や注意点を解説

使っていないベランダを部屋にリフォームすることは、有効活用につながります。しかしどの程度の費用が必要なのかわからずに、リフォームに踏み切れない方は少なくありません。

この記事では、ベランダを部屋にリフォームするメリットや費用相場について解説します。またリフォームする際の注意点まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

ベランダを部屋にリフォームするメリット

ベランダを部屋にリフォームすることで、さまざまなメリットが得られます。たとえば住宅のバルコニーを書斎にリフォームすれば、集中できる空間を手に入れることができます。特にテレワークによって、集中できる空間が必要な方は最適なリフォームとなるでしょう。

また親との同居や子供が増えるなど家族が増える場合は、新たな部屋としてリフォームすることも可能です。部屋数を増やすことで、家族が過ごせるスペースを確保することができます。このようにベランダを部屋にリフォームすることによって、さまざまな状況にも対応できるようになるのです。

 

ベランダのリフォーム内容と費用

ベランダを部屋にするリフォームは、リフォームの内容によって費用が異なります。そこでここからは、リフォームの内容ごとにかかる費用をまとめてみました。

 

ベランダを寝室にする

ベランダを部屋にリフォームする場合に、寝室にリフォームするケースがあります。寝室にリフォームする際は、ベッドを置くスペースが必要となるため6畳程度のスペースを確保する必要があります。ちなみにベランダから寝室にリフォームする際の費用は、6畳程度で150万円〜が相場です。

 

また3畳程度のベランダであっても、ベッドを置くだけの部屋としてリフォームするケースもあります。3畳程度のベランダを寝室にリフォームする場合は、95万円〜が費用相場です。

 

ベランダを書斎にする

ベランダを部屋にリフォームする際は、書斎にリフォームすることも可能です。基本的に書斎は部屋が狭くても成立するため、書斎や子供部屋に比べてリフォームがしやすくなります。

 

ちなみに2畳程度のベランダを書斎にリフォームする場合は、60万円〜が相場です。ただし内装にこだわる場合は、さらに費用がかかるので注意が必要です。

 

ベランダを子供部屋にする

ベランダがある程度の大きさなら、子供部屋にリフォームすることもできます。ベランダは日差しが入りやすく設計されているため、明るい子供部屋にリフォームすることができるでしょう。

 

ベランダを子供部屋にリフォームする場合の費用は、145万円〜が相場です。ただし壁在や内装材、補強工事の有無によってかかる費用が変わってきます。特に子供部屋にする場合は必要となる工事が増えるため、正確に費用を知りたい方にはリフォーム会社に相談することをおすすめします。

 

ベランダをサンルームにする

ベランダのリフォームは、部屋だけでなくサンルームにリフォームすることも可能です。ベランダをサンルームにリフォームする場合は、既存のベランダをそのまま活用できるかによって費用が異なります。

 

たとえば、既にバルコニーに屋根が設置されている場合は壁部分のみを施工すればよいので、費用は45万円〜が相場です。一方で屋根や壁を設置する必要がある場合は費用がその分上がるので、105万円〜が費用相場になります。

ただしサンルームにリフォームする場合も、部屋と同じく重量によっては補強工事が必要です。費用を抑えたい方は、事前にバルコニー部分の強度を検査するとよいでしょう。

 

元々ある部屋をベランダに拡張する

ベランダを部屋にするリフォームでは、元々ある部屋をベランダに拡張するといったリフォームも可能です。もともとある部屋をベランダに拡張するリフォームは、施工面積によって費用が変わってきます。

 

たとえば2畳の場合は、50万円〜が相場になります。また4畳の場合は80万円〜となり、6畳の場合は120万円〜が相場です。ちなみにベランダの一部分を部屋にして、残りの部分をベランダにするといったこともできます。

 

ベランダを部屋にリフォームする際の注意点

ベランダを部屋にリフォームする際は、いくつか注意点があります。以下では、固定資産税が増えることやマンションの場合はリフォームが難しいことについて解説します。

 

固定資産税が増える可能性がある

ベランダを部屋にリフォームする際は、固定資産税が増える可能性があるので注意が必要です。ベランダはもともと「設備」としてみなされるため、建築面積に算入されていません。

しかし部屋をリフォームすることによって、「居室」としてみなされるようになります。結果的に建築面積に算入することになるため、固定資産税が増えてしまうのです。どの程度増えてしまうのか気になる方は、増築に詳しいリフォーム会社に相談しましょう。

 

マンションの場合はリフォームが難しい

住まいがマンションの場合は、ベランダを部屋にリフォームするのが難しくなります。基本的にマンションのベランダは、共用部分に該当します。共用部分は個人のものではなく、全体共有の財産となるため個人的にリフォームするのが難しくなります。

 

ただしマンションによっては、ウッドデッキの設置なら可能なケースもあります。詳しい規約については、マンションのオーナーに相談するとよいでしょう。

 

ベランダリフォームで快適な空間を手に入れよう

快適な空間を手に入れるためにベランダをリフォームすることで、今まで以上にゆとりある暮らしが送れるでしょう。とは言え、リフォームで失敗しないためにも必要事項をきちんと事前に確認しておく必要があります。

 

リフォーム費用は高額になるので、固定資産税がネックの方は前もって調べた上でどうするかを決めるのが得策です。また、マンションをリフォームしたい方は場合によっては困難なケースもあるため、可能かどうかを調べておきましょう。

< 新着情報 TOPへ