リフォーム中の仮住まいは必要?費用や選び方、注意点を徹底解説

リフォームを検討しているなかで仮住まいが必要かどうかお悩みですね。大規模なリフォームや長期間にわたるリフォームをする場合、家での生活が難しくなるため仮住まいを用意しなければなりません。本記事では仮住まいが必要となる場合について解説します。仮住まいの選び方や必要な費用、注意点についても解説するので参考にしてください。リフォーム中でも家族の生活に支障が出ないよう、快適な仮住まいを探しましょう。

リフォーム中は仮住まいに引っ越すべき?

期間にかかわらず、自宅のリフォームによって生活できなくなるようであれば、ホテルやウィークリーマンションなどの仮住まいが必要です。ここでは仮住まいへの引越しが必要なケースと引っ越さなくて良いケースについて解説します。

 

引っ越しが必要なケース

仮住まいへの引越しが必要なケースは、自宅での生活が難しくなる場合です。具体的には、以下のようなリフォーム内容が当てはまります。

  • 骨組み解体が必要
  • トイレやお風呂、キッチンなど、生活に必要なスペースが使えなくなる
  • 臭いや騒音が気になる

小さなお子さんや高齢者のいる家族も、危険を回避するために仮住まいへの引っ越しを決意する場合があります。

 

引っ越さなくて良いケース

小規模なリフォームで普段の生活に支障が出なければ、仮住まいがなくても良いでしょう。例えば、以下のような例が挙げられます。

  • キッチンの工事中は出前や外食で済ます
  • 浴室の工事中は銭湯を使う
  • 一部の部屋の内装リフォーム中はほかの部屋で過ごす

ただし、工事自体が大規模でなくても、工期が長かったりストレスを感じたりする場合には、仮住まいを検討するご家庭もいます。

 

リフォーム中の仮住まい候補と費用目安

お金

仮住まいを探すにあたって気になるのは費用です。2ヶ月間のリフォームにおける仮住まいの選択肢と費用の目安を以下にまとめました。

 

物件候補 2ヶ月間の費用
賃貸物件 約28万円

(1ヶ月7万円の賃貸に2ヶ月間滞在+敷金礼金)

ウィークリー・マンスリーマンション 約20万円

(1ヶ月10万円の部屋を2ヶ月間滞在)

ホテル・民泊 約30万円

(1泊5,000円の部屋を60泊滞在)

ここでは仮住まいに住むための費用だけを算出しています。ほかにも費用がかかるため、どれほどの費用が必要になるのか1つずつ確認しましょう。

 

賃貸物件を借りる

一軒家やアパートには、1ヶ月〜半年程度だけ賃貸契約を結べる物件があります。1ヶ月7万円の賃貸に2ヶ月間滞在し、敷金礼金にそれぞれ1ヶ月分かかる場合、費用は28万円です。

さらに家具家電を揃え、インターネット回線や水道・電気・ガスなどのライフラインを契約しなければなりません。家族が多い場合や長期間仮住まいが必要な場合に検討されます。

 

ウィークリー・マンスリーマンションに引っ越す

ウィークリー・マンスリーマンションなら、中長期の滞在に向いています。基本的にキッチンがついており、水道光熱費やインターネット費用も不要です。

1ヶ月10万円の部屋を2ヶ月間滞在すると、20万円の費用がかかります。家族が多いとその分部屋数を増やしたり、大きな部屋に滞在したりするため、費用がかさんでしまいます。

 

ホテル・民泊に宿泊する

比較的安いビジネスホテルを利用するのも、手段の1つです。最低限暮らせる家具が揃っていて、清掃も任せられます。もちろん、水道光熱費やインターネット費用も不要です。

1泊5,000円の部屋に60泊すると、30万円の費用がかかります。1泊あたりにかかる費用はほかの選択肢と比べて割高です。家族の人数が少ない、もしくは利用期間が少ない場合に活用しましょう。

 

リフォーム中の仮住まいを探す方法4選

仮住まいが必要だと判断したら、リフォームの日程がわかり次第仮住まいを探しましょう。リフォーム中の仮住まいを探す方法は、主に4つあります。

  • 不動産ポータルサイトで探す
  • 地域の不動産業者に相談する
  • 宿泊サイトで調べる
  • リフォーム業者に相談する

検討している仮住まいの物件の種類によって、活用する方法を変えましょう。

 

不動産ポータルサイトで探す

不動産ポータルサイトを使えば、あらゆる不動産会社が登録した賃貸物件の情報をまとめて検索できます。賃貸物件を地域や間取りなどの条件から物件を絞り、まとめて不動産に問い合わせできます。リフォーム中の仮住まいを賃貸物件で探したい場合におすすめです。

 

地域の不動産業者に相談する

地域密着型の不動産であれば、短期間で賃貸物件を紹介してもらえる可能性があります。なかには仮住まい専門・短期物件専門の不動産もあります。最寄りの駅まわりや自宅周辺の不動産業者に相談してみましょう。ただし、短期間の賃貸物件の数は圧倒的に少なく、見つからないケースもあるため、何件か問い合わせると効率良く探せます。

 

宿泊サイトで調べる

宿泊サイトでは、ホテルや民宿を検索できます。滞在期間とエリアを選択して検索すれば、当てはまるホテルや民宿をまとめて比較できます。短期間のリフォームの場合や単身者の場合に活用しましょう。1ヶ月以上の長期滞在者向けの民宿サイトでは、ウィークリー・マンスリーマンションの検索も可能です。

 

リフォーム業者に相談する

仮住まいが必要となる家庭に出会う機会が多いため、仮住まいを紹介してもらえるかもしれません。リフォーム業者の選定時に仮住まいの手配や紹介をしてもらえるかどうかを確認しておきましょう。なかには自社の賃貸を無料・格安で貸してくれる場合があります。空き状況やエリアの確認も必要なため、早めに相談しましょう。

 

リフォーム中に仮住まいに引越す際の注意点

鍵

最後に、リフォームによる仮住まいが必要な場合の注意点について解説します。注意点は、以下の4つです。

  • 早めに引越し先を手配する
  • 電気・水道・ガス・ネット環境を整える
  • 工期が伸びた場合の対処法を考えておく
  • 家から荷物を運び出さなければならないケースがある

あらかじめ注意点について確認しておき、リフォーム中に困った事態に陥らないよう気をつけましょう。

 

早めに引越し先を手配する

リフォームが決まったら、早めに引越し先を手配しましょう。短期で入居可能な物件は多くありません。特に、通学しているお子さんやペットがいると、選択肢が狭まります。仮住まいの場所が決まらなければ、リフォームの工期が遅れてしまう原因になりかねません。仮住まいに入居する1ヶ月前までには、目処をつけておきましょう。

 

電気・水道・ガス・ネット環境を整える

賃貸物件を仮住まいとする場合、電気・水道・ガス・インターネットは契約しなければなりません。さらにリフォーム中の家も、工事に電気や水道を使います。基本的に短期間の解約はできないため、二重払いを覚悟しましょう。

ホテルやウィークリーマンションなら電気・水道・ガス・インターネットの設備は整っています。しかし、インターネットの利用料が発生したり、速度が遅かったりする場合もあるため、事前の確認が必要です。

 

工期が伸びた場合の対処法を考えておく

天気や家の状態によって、想定より工事期間が延びてしまう場合があります。工期終了予定にぴったりの日程で仮住まいを契約していると、住む場所がなくなるかもしれません。事前に仮住まいの契約延長は可能かどうか確認しておき、帰る場所がなくならないよう注意しましょう。

 

家から荷物を運び出さなければならないケースがある

リフォームする場所の荷物は邪魔になるため、家に置いておけない場合があります。賃貸物件であれば家具・家電などが必要となるため、通常の引越しと同様に考えて問題ありません。しかし、ホテルやウィークリーマンションなどに、大きな荷物は置いておけないでしょう。仮住まいに保管できない場合、レンタル倉庫や知人などに預ける必要が出てきます。

 

リフォーム中の仮住まいは早めに決めよう

リフォームによって普段の生活ができなくなるようであれば、仮住まいが必要です。短期間で貸し出す物件の数は少ないため、リフォームを検討しているなら早めに探し始めましょう。なかにはリフォーム業者が手配・紹介してくれる場合もあるため、見積もり依頼を出すタイミングで確認しておくと安心です。

家族構成やリフォームの工事期間、費用面を考慮し、最善の仮住まいを見つけましょう。当社ではリフォームの相談を随時受け付けています。ご希望やお悩みから最適な内容をご提案いたします。ぜひお気軽にお問合せください。

 

Q:仮住まいが必要なリフォームはどんなリフォーム?

A:リフォームによって自宅での生活が困難になる場合、仮住まいを用意しましょう。

 

Q:いつ頃から仮住まいを探し出すと良い?

A:リフォームの日程が決まったらすぐにでも仮住まいを探しましょう。リフォーム開始日の1ヶ月前には目処が立っていると安心です。

 

 

関連記事

  1. 排水管洗浄
  2. 霧吹き
PAGE TOP